FC2ブログ
 
■プロフィール

毛蟹

Author:毛蟹
多分かなり暇人。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■フリーエリア

スールストロミング・その弐
フィレ状の方の缶詰ももちろん食してみる。
070923_1257~002.jpg

缶のデザインはおしゃれで、このまま持ち帰り部屋に飾りたくなる。
そして中身。
s2767.jpgs2768.jpg

きれいなピンクです。
内臓つきより匂いは薄めか・・・悪臭さえなければかなり見た目が美味そう♪。
口に運ぶと・・こっちは食える。
食いやすい
もし、購入することがあったらフィレ状のほうを買うといいと思う。美味い。
070923_1258~001.jpg

缶の中はベージュの液体で満たされていました。
これがくさい
今回は骨付きを1匹、フィレ状のを1匹の計2匹食す。
・・・自分の息がそこはかとなく臭い。
仕方ないので他のものを食ってごまかそうと試みてみた。
テーブルに置かれたヨーグルトを大量に食う。

今回は期待ほど臭くなかったが
夜になってから少しおなかが壊れた・・・orz。

スポンサーサイト
未分類 | 21:37:25 | Trackback(0) | Comments(2)
スールストロミング・ヘボレポ
世界一臭いと聞いたら嗅ぎたくなるのが人の常。
ってなわけで、九月一日より予約していた試食会に参加してきました。
看板

場所は某スウェーデンヒルズ。とても景観のよい素敵な場所です。
自分を含めた八人で出かけたのですが、食べる気満々で予約済みなのは三名。
飛び入り参加もOKとのことで嗅ぐだけだった予定の奴も参加していた。

用意された缶は二種類。
骨&内臓つき」と「フィレ」お勧めはもちろん内蔵つき。
s2753.jpg

一度嗅いだことがあるとはいえ、なぜかその臭さをワクワクして待つ自分がいる。
s2762.jpg
缶を開けるの時はみんなワクワク。
空けた瞬間にあの懐かしい臭さが漂ってくる。
ん?
あまり臭くないぞ?
普通に嗅いだら確かに臭い。というか、およそ食べ物のにおいではない。
が、以前嗅いだものより、マイルドだ。
でも、その臭いを例えると・・・・魚を捌いた内臓を放置したら発生するような臭い。
皿にとってみる。
s2764.jpg
生魚っぽいです。そして、臭い。
開いてみます。
s2765.jpg
数の子入ってた♪
感触としては熟れ寿司。でも・・・馬鹿みたいに塩辛い。酒のつまみにいいと思う。
手で骨を取りたいけど臭くて触りたくない。(触りたくないようなもんを食うのか?)
・・・続きは後日。


名称未設定_2 | 02:59:07 | Trackback(0) | Comments(0)
太田神社凸へぼレポ
日本海を直下に屏風の如く厳然として聳え立つ太田山頂上近くの洞窟が神を祭る本殿
松浦武四郎は本殿まで辿る道のりを猿がよじのぼり、蟹が歩むが如く
・・・・・三百余年間・・・・・
その険しさを描写、その様子は今も変わらず太田山神社の開基は、享徳3年(454)松前の祖武田信弘、霊験あらたかなこのお山に太田権現の称号を贈ったことに始まる。


が歩む…

これは行ってみねばなるまいw
しかも、日本一危険な神社。参拝したくても出来ない神社。

あははは。日本一危険って大げさな事言ってw


正直、ハイキング程度だと舐めていた。

当日満天の星空を見ながら自宅を出発。
海沿いの道に出たところで大雨に見舞われる。

現地に着く頃には晴天となったが、山はいい感じに濡れていた。
070909_1035~001.jpg鳥居。
山のふもとにある・・
a1020842.jpg070909_1020~001.jpg
崖と見まごうその階段。写真で伝わらないのが悔しいなぁ。


大倉山スキージャンプ台が最大傾斜角度37度。
ここの階段の最高傾斜角度が50度・・・

50度って!!!

写真どころではなくなってきたので狛犬だけ撮って帰ることに。
070909_1021~002.jpg070909_1021~001.jpg

惨敗です・・・orz

山登りに適した服装、携帯蚊取り線香、軍手、熊よけの鈴をもっていくといいと思います。

場所:せたな町大成区太田


未分類 | 00:54:35 | Trackback(0) | Comments(0)