■プロフィール

毛蟹

Author:毛蟹
多分かなり暇人。

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スールストロミング・ヘボレポ
世界一臭いと聞いたら嗅ぎたくなるのが人の常。
ってなわけで、九月一日より予約していた試食会に参加してきました。
看板

場所は某スウェーデンヒルズ。とても景観のよい素敵な場所です。
自分を含めた八人で出かけたのですが、食べる気満々で予約済みなのは三名。
飛び入り参加もOKとのことで嗅ぐだけだった予定の奴も参加していた。

用意された缶は二種類。
骨&内臓つき」と「フィレ」お勧めはもちろん内蔵つき。
s2753.jpg

一度嗅いだことがあるとはいえ、なぜかその臭さをワクワクして待つ自分がいる。
s2762.jpg
缶を開けるの時はみんなワクワク。
空けた瞬間にあの懐かしい臭さが漂ってくる。
ん?
あまり臭くないぞ?
普通に嗅いだら確かに臭い。というか、およそ食べ物のにおいではない。
が、以前嗅いだものより、マイルドだ。
でも、その臭いを例えると・・・・魚を捌いた内臓を放置したら発生するような臭い。
皿にとってみる。
s2764.jpg
生魚っぽいです。そして、臭い。
開いてみます。
s2765.jpg
数の子入ってた♪
感触としては熟れ寿司。でも・・・馬鹿みたいに塩辛い。酒のつまみにいいと思う。
手で骨を取りたいけど臭くて触りたくない。(触りたくないようなもんを食うのか?)
・・・続きは後日。


スポンサーサイト
名称未設定_2 | 02:59:07 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。